ドラクエVRにいってきたゾ





金曜日に待ちに待ったドラクエVRにいってきましたよ!!!!

この日はちゃんと会社午後休取ってね、
にゃんたんが元気であることを見届けて
(このときはとうふたんもまだ元気だった・・)
万全を期して向かいましたよ!

IMG_3202.jpg

の前に二丁目のココロカフェで腹ごしらえ。

腹が減っては戦ができぬというからね!

ちなみに居酒屋行く時間もあったのだけどVRは酒気帯び禁止なので!
みなさんも要注意ですよ!

IMG_3205.jpg

ということで!
やってまいりました!

多分最近新宿にできたであろうVRスポット!!!!

その日に行ってもおよそ2000円ほどで1VR楽しめるくらいの価格帯のところ!
ちなみにドラクエVRは入場料含めると倍くらいします

中もドラクエ仕様となっていたよ!

IMG_3206.jpg

IMG_3208.jpg

IMG_3207.jpg


ドラクエVRは4人1組のパーティーで、
私は彼女と2人で行ったので
他の2人とパーティーを組む感じだったのだけど、
パーティー組んだ人が、
60手前くらいの夫婦で、
本当に運がよかった・・・

1つ前の回とか若めの男女カップルと若めのギャル2人とかで
その片方とかだったら本当無理だった・・

私は勇者やりたい!ってずっと言ってたんだけど
勇者なんて配役はいなくて
戦士×2、魔法使い、僧侶のパーティーでした

パーティーの中で誰が何をやるかは話し合いで決める感じで、
私は勇者がいないならソードマスター(戦士)でしょ!っつってね、
彼女に僧侶を押し付けてたので
こっちは戦士と僧侶が・・
なんて言ったら向こうはもう来る前から戦士と魔法使いをやるって決めてたらしく
すごい良い感じに配役が決まった!


そして初VRだったんだけど
VRすごすぎて本当に説明できない・・

急にお城にいて、
王に魔王を倒してこいとか言われ、
道歩いてると目の前からスライムとかドラキーとか出てきて
ちゃんと剣持ってるし、
敵倒せるし
本当にこれはやらないとわからないと思うけどまじすごい!

ルーラとか本当に飛んで場所移動した!って感覚だし、
敵の攻撃とかもちゃんと当たるし本当にすごい!


ちなみにVRをする前に
VRの機械を背中に装着して
盾と剣を持たされるんだけど
総重量5kgくらいあったと思う・・
くそ重かった・・・

彼女は僧侶だったから剣じゃなくて杖で、
魔法陣が目の前に出て
ホイミとかザオリクとかをしてくれたよ!!!!

ただ私は僧侶じゃなかったから
魔法陣がどんな感じで出ていたのかはわからない・・・

戦士はね、魔法が一切使えないからね!
その代わり盾を持ってて
敵の攻撃を防ぐことはできるんだ!

僧侶と魔法使いは敵の攻撃は避ける以外で防ぐことができなくて
しかもHPはみんな一律で2しかないので
魔法使いの人は結構死んでたね・・


私は戦闘中ずっと死ぬ!ホイミ!を連呼してる感じだった・・・


そいで魔王を倒そうと思うと
全滅しちゃって(設定で)
勇者が倒してくれる流れなんだけど

なんかエラーがどうのこうのって言って
VRが中断されてしまってね、
聞くと彼女の画面がすごいことになってたらしく、
10秒見てたらまじで吐く勢いだったからずっと目を閉じてた・・
ってくらい荒れてたようなんだけど、

エラーが起きたから、って
1番最初からやり直しさせてもらって
結局2回もVRができた!

彼女は大ダメージを受けたけど!

もうほぼほぼ魔王倒すところまでいってたから
実質最初から最後までを2回って感じで
ちょっとお得な気分でした!

2回目は魔法使いも僧侶も魔法使いこなしすぎて
戦士出番あんまりなかったっていうね!

まあそんなこともあろう。


そして記念撮影をして帰ってきましたとさ

IMG_3211.jpg

IMG_3215.jpg

しかし本当にVRとても楽しかった
そして意味わからないくらい筋肉痛になった・・

まず剣持ってた右腕なんて
2回目の途中からずっとプルプルしてたけど
金曜から3日経った今でも筋肉痛だし

なんか錘の入ったリュック的なものを背負ったんだけど
肩も未だに筋肉痛だし、
なぜか敵と戦うときちょっと屈み腰で移動したり攻撃したりしてたから
太腿もめっちゃ筋肉痛になった・・

たった30分くらいのVRで
剣振り回して筋肉痛になるようじゃ勇者になれる道のりはまだまだ遠い・・
ってことに気づけてすごい筋トレ欲が湧いたよ、、

11の主人公だってあんなさらさらヘアーで澄ました顔してるけど
グレイグと同じ大剣振り回してるからね!
実は超マッチョだからね!


ということで来る勇者になるために日々修行に励むと誓った私であった



クリック励みになります!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ



この記事へのコメント